ブラックジャックカードカウンティング

衝撃の告白!100億円溶かした男の末路

先日つきあいのある編集者Aから、ブラックジャックについて執筆してほしいという依頼があった。僕はすでにライターとして独立していて自由気ままにインターネットで仕事をしているが、編集者Aはずっと昔からの付き合いだったので詳しく話を聞いてみることにした。 久しぶりに東京へ行き、ANAホテルのラウンジで会うといきなり一冊の本をカバンから取り出した。「これを読んでくれ。ブラックジャックについて思うところを書いてほしい。ブラックジャックカードカウンティングについても解説してもらえないか?オンラインギャンブルを含めて」。その本は大王製紙元会長井川氏の「溶ける 井川意高の懺悔録」だった。 この事件について知らない人のためにざっくりというと、創業三代目の大王製紙社長の長男として、幼少時代は1200坪の屋敷で過ごし、東大法学部に現役合格して27歳で赤字子会社を立て直し、42歳で本社社長就任したというアマゾンの書評の通りの素晴らしい経営者であった井川氏が、マカオのカジノで総額100億円を溶かしただけでなく、それを会社の金を横領して支払ったという事件である。 井川元会長はあらゆるカジノのゲームを楽しんだらしい。ブラックジャックカードカウンティングの話も出てくる。ブラックジャックカードカウンティングというのは出てきたカードをみてこれからどんなカードがでるのかを予想する高等技術だ。 オンラインギャンブルと絡めるということで、家に戻って初めてネットカジノを使って見た。僕は出不精で用もないのに外出するのが大嫌いで、カジノに遊びに行く気はさらさらない人間なのでもちろんカジノにも縁遠かった。ネットカジノもあまり興味がなかったが、まぁ仕事なので取材はしないといけない。 vera&jonhというカジノで遊んでみることにした。そこで気がついたら2時間経過していた。スロットマシンにおきにいりができたのと、ブラックジャックのカード台でチャットで話しながらプレイしていたら本当に面白かったからだ。 僕は、次世代の井川元会長はオンラインギャンブルからでるだろう、という記事を書くことに決めて、ブラックジャックの台に戻った。

インブックを使用したカジノ攻略法映画『ゴッド・ギャンブラー』レビュー

ゴッド・ギャンブラーは文字通りギャンブラーを題材にした映画です。そして、この映画を面白くしているのは実在した天才ギャンブラーを題材にしているということでしょう。この映画は香港映画です。香港映画というとブルースリーやジャッキーチェンなどに代表されるカンフーやアクション映画を連想する人が多いかもしれません。この映画はそれまでの香港映画では主流であったアクション要素を抑えているのです。 ギャンブル映画ですから当然といえば当然なのですが、一方でギャンブルの世界がきらびやかな世界を上手に演出しているのです。チョウ・ヨンファという現在の香港映画を背負って立つ存在の才能あふれる俳優が、ダンディさとときには茶目っ気を発揮してとても魅力のある天才ギャンブラーを熱演しています。そして、香港映画です。アクション要素を封印しているといいながらも銃の乱射シーンなどは圧巻ですし、緩急自在な演出は見る人を最後までグイグイと引っ張っていって飽きさせないのです。香港や世界で大ヒットしたのですが日本ではそれほどの話題にならなかったのは香港映画はアクションでなければというイメージができあがっていたからかもしれません。 大ヒットした本作はシリーズ化されています。内容は不敗伝説まで作り上げたカジノ必勝法の天才ギャンブラーがふとした事故で崖から転落してそのショックで10歳の少年の思考になってしまった…そこからさらに始まるギャンブル劇…これだけでもわくわくして見る者を魅了するのです。最後のオチはこの映画をこれから見る人のために取っておかなければいけませんね。映画のようにうまくいかないのはわかっていても、カジノで勝ちたいというのは少しでもギャンブルに興味のある人にとって夢でもあるでしょう。ゴッド・ギャンブラーの主人公のような思考になりたいと思って真似をしても勝てるわけではありません。 カジノでも様々なものがあります。スロットなどはパチスロがあるので馴染み深いものですが、カジノで勝つには見た目もかっこいいトランプではないでしょうか。向き不向きと運もありますが、運がもっとも左右して大きな番狂わせがあるのもトランプゲームの魅力です。それでも素人がいきなりカジノの世界に入って仮に勝ててもそれはフロックです。 やはり勝つということを考えると入念に準備して入るようにしましょう。そしてカジノの世界に入ったら最初は素人っぽく演じてビギナーズラックを勝ち取るのです。最初は周りも軽快していませんから勝たせてあげようという雰囲気があればそれを最大限に活用するようにしましょう。そして、勝ったら逃げる…それだけでも大金を手にすることができるでしょう。勝ち続けることは不可能ですがそれでも経験を積むということで最初に大金を手にするにはそれしかないかもしれません。ね。

Facebookとの連携機能を強化しました

『inbook』をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 この度、Facebookとの連携機能を強化しました。 強化したポイントは下記の通りです。 ・Facebookにすぐログインできる ・セリフ、コメント投稿の際、Facebookにも同時に投稿できる ・TwitterとFacebookに同時に投稿できる ■Facebookにすぐログインできる ヘッダー部分に【Facebookログイン】ボタンを設置しました。 どのページからもすぐにFacebookアカウントでログインできるようになりました。 ■セリフ、コメント投稿の際、Facebookにも同時に投稿できる セリフを投稿する際、「Facebookにも投稿する」にチェックを入れると 引用したセリフが同時にFacebookにも投稿されます。 セリフに対するコメントを投稿する際も同様にFacebookにも投稿できます。 ■TwitterとFacebookに同時に投稿できる 【設定変更】の「ソーシャルネットワーク連携」を設定しておくと TwitterとFacebookに同時にセリフやコメントを投稿できるようになりました。 Facebookと連携する方法 ① 【設定変更】リンクをクリックする ② […]

大幅リニューアルしました

『inbook』をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 この度、見やすさや使い勝手の向上のために、inbookが大幅にリニューアルしました。 ■トップページが大幅に変わりました。 ・カテゴリー別にセリフを表示できるようになりました。 ・最新のセリフ一覧の表示方法が変わりました。投稿者が最後に投稿したセリフしか表示されなくなりました。 ・セリフに対するコメントが見やすくなり、投稿しやすくなりました。 ・カテゴリー別の人気本が表示されるようになりました。 ■セリフを引用しなくても、本棚に追加できるようになりました。 今後も順次、機能の改善及び追加を行なっていきます。 何かご不明な点、ご質問、ご要望などございましたら、 ご意見・ご要望フォームよりお気軽にご連絡くださいませ。 今後とも『InBook』をよろしくお願い致します。 InBookからの「お知らせ」や「名言ランキング」、「人気の本ランキング」などの情報を 受け取るには、inbook_jpをフォローしてください。